×

King&Prince 今年は6人で「幸せな年末を迎えられたらな」 

[ 2019年1月3日 05:00 ]

「ジャニーズ King&Prince アイランド」の2019年年明け記念会見に出席した「King&Prince」
Photo By スポニチ

 アイドルグループの「King&Prince」が2日、帝国劇場(東京都千代田区)で「ジャニーズ King&Prince アイランド」の2019年年明け記念会見を行った。

 大みそかはNHK紅白歌合戦とジャニーズカウントダウンに出演したKing&Prince。平野紫耀(21)は「年末は想像を上回る忙しさだった」と振り返る。当日は「朝9時くらいに起きて、東京ドームのリハーサルをしたあとNHKに入って…」本番を迎えたそう。「そばを食べて寝たのは(元旦の)朝6時。朝7時に起きて、そこから目が覚めた状態でここ(帝国劇場)に来ました」とハードな年末年始を解説。

 岸優太(23)は「去年まではジャニーズカウントダウンは見ていた側。King&Princeで年を越せたのは芸能人、ジャニーズだなというのを感じましたね」とし、「それで先輩たちからもお年玉を頂きまして…。桜井くん、松本くん、有岡くん、丸山くんに頂きまして、人生一番のいい額」でびっくりして眠れないほどだったと明かした。また「嵐」の櫻井翔(36)からは紅白の時、年越しそばの差し入れもあったそう。

 永瀬廉(19)は「いつも月に一度同じステージに立たせていただいているのですが…。雰囲気が全然違うので紅白ときは“恐怖”を感じましたね」と本音を吐露。印象に残っているのは「北島三郎さんを出演者の皆が盛り上げたことと、“パプリカ”のときに紫耀がうるさかったこと」だと挙げた。平野は「気合入れるタイミングは間違っていなかった」とし、キッズよりも目立ったことに対し、ご満悦の様子。

 今年の目標や抱負について、神宮寺勇太(21)は「新しく6人でレギュラー番組欲しいと思いますね」とし、「デビュー2年目は出まくって、またキンプリ出てる、すげえと言われる年にしたい」。平野は「去年はいろんなバラエティー番組に出て、バカだ。バカ野郎と言われまくったので。少しでも賢く見えるような言葉を学びたいです」。高橋海人(19)は今年の年末は「去年は絵を描いたりとか個人的にもたくさん仕事をした年。今年もたくさんのことに興味を持って、アイドルとしての戦闘力を高めていきたいなと思います」と気合いを込めた。そして、「グループとしては」と前置きし、「パニック障害」で昨年11月初旬から休養中の岩橋玄樹(22)の近況にも言及した。「玄樹くんも戻って来れたら、6人でね、また幸せな年末迎えられたらなと思います」。年が明けてからは岩橋と「あけおめ」の連絡をしたそうで、紅白を見てくれていて「スポットライト6色で、玄樹くんが“一緒に出させてくれてありがとう”と言ってくれた」とうれしそうに話し、岸は「6人でファンの方にもっと交流を深める場所を作っていきたい」と小さい子からお年寄りまで、幅広い年齢からの支持を得られるようになりたいと話した。

 「ジャニーズ King&Prince アイランド」には、主役のKing&Princeに加え、「SixTONES」「Snow Man」「Travis Japan」「7MEN 侍」「HiHi Jets」「Sexy 美少年」「5忍者」のほか、「ジャニーズJr.」が総出演する。演劇史上最多となる22回のフライングなどが見どころとなっている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2019年1月2日のニュース