布袋寅泰 クイーン映画に大興奮「これだけ愛されるのは音楽の力」

[ 2018年10月25日 05:30 ]

映画「ボヘミアン・ラプソディ」のワールドプレミアに出席した布袋寅泰(左)とブライアン・メイ
Photo By 提供写真

 伝説の英ロックバンド「クイーン」を描く映画「ボヘミアン・ラプソディ」のワールドプレミアが23日(日本時間24日)、ロンドンのウェンブリー・アリーナで開かれ、日本からギタリストの布袋寅泰(56)が参加した。

 ボーカルの故フレディ・マーキュリーさんを演じたラミ・マレック(37)らキャストのほか、クイーンのギタリスト、ブライアン・メイ(71)とドラムのロジャー・テイラー(69)も駆け付け、1万2000人の観客を熱狂させた。

 親交のあるメイと2年ぶりに再会した布袋は「これだけ長い間愛されるのはクイーンの、フレディの音楽に対する情熱、音楽の力だと思います」と興奮気味に話した。日本では11月9日公開。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年10月25日のニュース