吉田鋼太郎 乙女なおっさん役で助演男優賞「ぼくはヒロイン」 現場では田中圭&林遣都に焼きもち

[ 2018年10月25日 19:53 ]

<「東京ドラマアウォード2018」授賞式>連続ドラマ部門でグランプリを受賞して登壇した田中圭(左)と吉田鋼太郎
Photo By スポニチ

 「おっさんずラブ」で「東京ドラマアウォード」の助演男優賞を受賞した吉田鋼太郎(59)は、「ぼくはヒロインということで賞をいただきまして…」と25日に行われた授賞式で控えめに喜びを語った。ドラマの中では「ひたすら圭君を愛しました」と語り、会場を沸かせた。

 乙女なおっさん役という初めての役柄を演じるのには、緊張したり、悩んだりしたというが、じつは女性っぽい一面も。「自分の思いを打ち明けられずに、家で引きこもっていたり、お酒の力を借りないと告白できなかったり…。陰で写真撮る部長の気持ちがよくわかるなと。途中から自分の性格でやればいいんだな」と気づきはじめたので、役作りでの苦労はなかった言う。

 さらに撮影中に初共演だった田中圭(34)と林遣都(27)がプライベートでも二人が日に日に仲良くなっていくのを見て、焼きもちを焼いている自分がいたという。「不思議な気持ちを抱きつつ、プライベートなことも撮影に持ち込めばいいのか」と前向きにとらえつつも、リアルおっさんずラブな思いも明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2018年10月25日のニュース