小松靖アナがアベプラ卒業 ネットTVならでは“コメント欄の意見に感謝”

[ 2018年9月28日 23:02 ]

テレビ朝日の小松靖アナウンサー
Photo By スポニチ

 テレビ朝日の小松靖アナウンサー(43)が28日、インターネット放送「Abema TV」の情報番組「Abema Prime」に生出演。同番組を卒業した。10月からはテレビ朝日の情報番組「ワイド!スクランブル」(月〜金、前10・25)の新司会を務める。

 「Abema Prime」は平日午後9時から毎日生放送で“オトナの事情をスルーする”をコンセプトに、テレビよりスマホが気になる若者や普段テレビのニュースを見ない人たちが知りたいことを正面から伝えていく、尖った企画満載のニュース番組として、2016年4月のAbema TV開局時にスタート。小松アナは多士済々の出演者の意見をまとめ、ときには自身の主張をぶつけて活性化。AbemaTVの人気番組に成長させた。

 小松アナは番組終盤に「アベプラはこれからも続きますが、私は今日で卒業します。私はこれまで、同じニュースを伝えても喜ぶ人も涙する人もいる、同じニュースが人を幸せにするし、不幸せにすることを絶対に忘れずに考えて伝えてきました。それを日々教えてくれたのが(番組ツイッターの)コメント欄にみなさんが意見を送ってくれたからです。忘れずにこれからも頑張っていきます」と挨拶した。

 「Abema Prime」は10月から小川彩佳アナウンサー(33)が“2代目キャスター”を務める。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年9月28日のニュース