三遊亭円楽、初期の肺がんで手術へ 10月4日から休演「退院後すぐに帰ってまいります」

[ 2018年9月28日 14:04 ]

三遊亭円楽
Photo By スポニチ

 落語家の三遊亭円楽(68)が初期の肺がんを患っていることがわかった。所属事務所が28日、明らかにした。主治医の判断により、手術での治療を受けるという。

 所属事務所の公式ホームページでの発表によると、円楽は「根治を目指して治療し、皆様の元へは退院後すぐに帰ってまいります。これまでと変わらず、毎日お仕事させていただきます」と前向きに話しているという。

 10月4日〜11日の治療期間に開催される公演はすべて休演する。所属事務所は「各公演は出演者を変更し予定通り開催されます」としている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年9月28日のニュース