永瀬正敏、母の死明かす 不義理悔やむ「あなたの全てが僕の中で生きています」

[ 2018年9月28日 12:26 ]

俳優の永瀬正敏
Photo By スポニチ

 俳優・永瀬正敏(52)の母・美津子さんが20日に死去した。永瀬が27日に更新したフェイスブックで「9月20日午後9時04分、母・美津子が急性心臓死で永眠致しました」と明かした。

 母の死去を受け「余りにも急な事で、まだ冷静ではいられません。多分ずっと冷静になんかいられないのかもしれません」と心境を記した永瀬。美津子さんに抱かれる幼いころの永瀬の画像なども掲載し、「結局何もしてあげられなかった、、、。最後も看取ってあげられなかった、、、。最近ずっと電話で『会いたい』と言ってくれていたのに、、、ごめんなさい。最後まで心配かけて、無理させて、不義理で親不孝な息子でした」と悲しい別れを悔やんだ。

 さらに「せめて、あなたが何よりも楽しみにしてくれていた映画と写真をこれからも続けられる様に、精一杯頑張っていきます。あなたの全てが僕の中で生きています。一生側にいて下さい」と呼びかけ、「お袋、ごめんね、、、ありがとう。オヤジを守って下さいね。またね」と感謝の言葉を贈った。

 母親の意思で、21日に家族葬を執り行ったことも伝え、「生前お世話になった方々にこの場を借りて、心からお礼申し上げます」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年9月28日のニュース