「ZERO」村尾キャスターが卒業「12年前、少しでもこの社会を良くしようと」

[ 2018年9月29日 02:00 ]

日本テレビ「NEWS ZERO」を卒業した村尾信尚キャスター
Photo By スポニチ

 日本テレビ系「NEWS ZERO」(月〜木曜後11・00、金曜後11・30)のメーンキャスターを12年間務めた村尾信尚氏(62)が、28日の生放送をもって同番組を卒業した。

 番組のエンディングで、村尾氏は視聴者に卒業を報告。「少しでもこの社会を良くしようと12年前、スタッフとともにZEROを始めました」と番組がスタートした2006年当時を回想し、「いろいろな出来事を皆さんとともに喜び、ともに悲しみ、ともに考えることができました。そんな日々を今日まで続けることができたのは、ひとえに皆さんの支えがあったからこそだと思います」と感謝を述べた。

 最後に「週末は台風情報に十分、注意してください」と呼び掛けると、同じくこの日をもって番組を卒業する杉野真実(28)、川畑一志(29)両アナウンサー、杉山セリナキャスター(21)から「村尾さん、12年間お疲れさまでした」とねぎらわれていた。

 10月1日の放送からは、3月末にNHKを退局した有働由美子アナウンサー(49)がメーンキャスターを務める。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年9月28日のニュース