黒柳徹子「忘れられない」山口百恵さんとベストテンでくつろいだ理由

[ 2018年9月17日 14:35 ]

黒柳徹子
Photo By スポニチ

 女優の黒柳徹子(84)が17日放送のテレビ朝日「ミュージックステーション ウルトラFES2018」(正午〜後9・48)にVTR出演。元歌手の山口百恵さん(59)との思い出を語る場面があった。

 この日の番組は各アーティストのパフォーマンスのほか、「この振り付けが好き!ニッポンの名曲BEST50」をカウントダウン形式で紹介。その中で、黒柳は31位にランクインした百恵さんの「プレイバック Part2」を推薦した。「プレイバック!プレイバック!っていうところがかっこいい」と笑顔を見せた。

 黒柳が久米宏(74)とともに司会を務めた「ザ・ベストテン」での思い出を披露。「ベストテンで毎週毎週お会いしてたんですけど、その日は7人ぐらいが中継で、スタジオに来た人が百恵さんだけで、百恵さんと私と久米さんの3人しかいなくて、私が『3人だからくつろいでいる感じにしましょう』って言って。頼んで、りんごの皮を入れたアップルティーを作ってもらって、一緒に飲んでいた時に、百恵さんが『こういうのっていいですね』って言ったの。百恵さんっていうのはとっても家庭的なのかなって思ってね、とっても印象が強くて。音楽はガンガン聞こえているんだけど、私たちだけはそこだけふっと静かでね。それが忘れられなくて、大好き!って思いますね、百恵さんって方」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2018年9月17日のニュース