人気講談師・神田松之丞がパパに ラジオで第1子誕生を報告「この子自身が自分の性別を決める」

[ 2018年9月17日 16:35 ]

 「今、最もチケットが取れない」と言われ、講談ブームの火付け役となった人気講談師・神田松之丞(35)に第1子が誕生したことが分かった。16日放送のTBSラジオ「神田松之丞 問わず語りの松之丞」(日曜後11・00)で自ら発表した。

 番組冒頭「先週、グレーなマッサージのことを年中ブログに書いている『エステ猿』と間違えられたという話を延々と30分使って言っていたと思うんですが、ついつい先週言い忘れたのが、実は先週『エステ猿』の話をした9時間前に子どもが生まれました」と報告。

 「子どもが生まれたと発表するのが嫌なんですよ。だから、生まれたとしても、お客さんに聞かれても『いません』と言い続けようと思っていたんですが、何かいろいろあって言った方がいいな」と発表に至った。

 性別については「ウチのカミさんがいいこと言っていたのが『この子自身が自分の性別を決めるから、男の子か女の子かというのを、人に聞かれた時に、いちいち言わないでほしい』と。『例えば性同一性障害とか、男の子の体で生まれてきても、女の子の心があるという時、その子の性別はその子が決めるから、今、男とか女とか言わないでほしい』」と話し、公表しなかった。

 2016年8月に「週刊新潮」で結婚を発表している。

 日本講談協会最年少講談師。今年4月にフジテレビのネタ番組「ENGEIグランドスラム」、6月に同局「ダウンタウンなう」に出演するなど、人気が広がっている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーさん死去」特集記事

2018年9月17日のニュース