安室奈美恵、故郷でラストライブ トークなし熱唱40分 最後まで“流儀”貫く

[ 2018年9月16日 05:30 ]

16日に引退する安室奈美恵がライブを行った音楽イベント会場(左上)の周辺に集まった大勢のファンら(共同通信社ヘリから)
Photo By 共同

 16日に引退する歌手の安室奈美恵(40)が15日、沖縄県宜野湾市で開催された音楽フェスティバルで最後のライブを行った。ヒット曲を網羅したラストツアーとは対照的に新曲ばかりを披露し、新たな旅立ちを感じさせた。デビューから25年。歌とダンスだけでなく、時代の先を行く生き方でも人々を魅了し続けた“平成の歌姫”が故郷でファンに別れを告げた。

 涙を見せることなく、満面の笑みで幕を引いた。「前夜祭」と題した2時間半のフェスを自身の歌で締めくくると、BEGINや平井堅(46)ら参加アーティストをステージに呼び込んで紹介。横一列になってつないだ手を上げた。

 「参加してくださった素晴らしいアーティストに拍手をお願いします。そして会場に来てくださった皆さん、本当に本当にありがとうございました」

 最後のあいさつはアーティストや観客に感謝しただけ。特別なメッセージも、特別なパフォーマンスもなかった。

 登場したのは開始から2時間近くたち、ゲストが演奏を終えてから。黒いTシャツにパンツ、赤いロングブーツ姿。歌唱曲目などの詳細は解禁日が後日に設定されているため、この日は非公開だったが、安室は自身の曲を4曲、平井らとコラボで4曲を披露。出番は約40分で、歌とダンスを全力でやり切るとさっそうとステージを去った。

 これが安室流だ。ライブでは曲間にトークを挟むことなく、パフォーマンスに集中。歌手やアイドルの活動スタイルが多様化する中、歌とダンスにこだわり抜いた。

 その結果、ヒットメーカー小室哲哉(59)の元を離れても自分のスタイルを確立することに成功。自立した生き方が女性の理想の対象となり、歌手の枠にとどまらないカリスマとして人々を魅了し続けた。

 約3500人の観客は、終演のアナウンスが流れても約10分の「奈美恵」コール。再登場の願いはかなわなかったが、京都から駆け付けた会社員の立尾友律恵さん(29)は「安室ちゃんらしいさっぱりとした最後。涙が止まりませんでした」と、最後まで貫かれた安室スタイルに酔いしれた。

 ソロステージで歌ったのはベスト盤「Finally」に収録した最新曲ばかり。オールタイムベストのような選曲だった2〜6月のラストツアーとは対照的で、惜別ではなく新たなスタートを印象づけた。

 丸25年の歌手生活にピリオドを打った安室。引退当日の16日に開かれる花火ショーに登場するのか注目される。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2018年9月16日のニュース