引退後は…百恵さんは表舞台一切出ず、中田氏は日本文化“発信”

[ 2018年9月16日 09:30 ]

安室奈美恵 故郷でラストライブ

 【伝説の引退をした著名人のその後】

 ▼元歌手山口百恵さん(59)人気絶頂だった80年10月にファイナルコンサートを行い引退。翌月に俳優の三浦友和(66)と結婚して以降は家庭に入り、表舞台には一切出ていない。

 ▼サッカー元日本代表中田英寿氏(41)06年6月のW杯ドイツ大会1次リーグで敗退が決まると、ピッチの中央で大の字に倒れ涙。翌月、公式サイトで現役引退を表明し、現在は日本文化を世界に伝えるプロジェクトなどを手掛けている。

 ▼元タレント島田紳助さん(62)11年8月に暴力団関係者との交際を理由に芸能界を引退。14年にはかつてプロデュースした歌手のライブで3年ぶりに芸能関係のイベントに出演し、先月にも再びライブに登場した様子が一部週刊誌で報じられた。

 【過去の引退名言】

 ▼長嶋茂雄氏 「私は今日引退を致しますが、我が巨人軍は永久に不滅です」(74年10月14日、後楽園球場での引退セレモニーで)

 ▼キャンディーズ 「私たち、普通の女の子に戻りたい!」(77年7月17日、日比谷野外音楽堂コンサートで解散を発表)

 ▼山口百恵さん 「私のわがまま、許してくれてありがとう。幸せになります」(80年10月5日、日本武道館でのファイナル公演で)

 ▼千代の富士 「体力の限界…、気力もなくなり引退することになりました」(91年5月14日、引退会見で)

 ▼高橋尚子さん 「いろんなことが台風のように過ぎ去って、今は台風の後の爽やかな風が吹いていると感じています」(08年10月28日、引退会見で)

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2018年9月16日のニュース