わたなべ麻衣 広島・竹原の“ウサギの楽園”大久野島をアピール

[ 2018年9月16日 05:30 ]

竹原市の魅力を紹介したわたなべ麻衣(中央)
Photo By スポニチ

 “インスタの女神”として37万人のフォロワーを持ち、モデル、タレントとして活躍するわたなべ麻衣(28)が銀座・ひろしまブランドショップ「TAU」で広島県竹原市の魅力を紹介するトークショーにゲスト出演した。

 広島県南部に位置し、瀬戸内海に面する同市は、広島空港から車で約30分とアクセスも良く、首都圏への観光プロモーション事業の第1弾として8、9日の2日間にわたりイベントが行われた。9日に行われたトークショーに出演したわたなべは、同市の企画振興部産業振興課・國川昭治課長と登場。“安芸の小京都”と呼ばれ、タイムスリップしたかのような情緒あふれる街並みが広がる市内や、野生のウサギが出迎えてくれる“ウサギの楽園”としても人気の大久野島など、おすすめの観光スポットを自身が撮影したインスタグラムの写真を紹介しながらトークを行った。

 広島県五日市町出身のわたなべは「観光大使として、広島の竹原市をPRすることができて本当に幸せです」と満面の笑み。竹原市の魅力スポットを紹介する中で、わたなべがイチ押ししたのが、同市の忠海港から船で約15分の距離にある大久野島。県内の人気スポットランキングでも常時上位に入る同島は、700羽以上にも及ぶ野生のウサギが棲息しており、SNSでも話題で、海外から多くの観光客も足を運ぶ。「本当にたくさんのウサギがいて楽しいです。名物のウサギのはなくそソフトクリームもおいしいですし、ウサギの耳の形をした集音器もあったりと、インスタ映えするスポットです」と話した。続けて「初めて竹原市に行った方でも、楽しめるおいしい食事や風景を楽しめるはずです。また、竹原へのおすすめの旅行商品もあるので、ぜひ竹原に足を運んでください」と、PRした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2018年9月16日のニュース