5歳児虐待死 松ちゃん沈痛「生まれ変わって温かい家庭に」ヒロミは怒り隠さず

[ 2018年6月10日 11:40 ]

「ダウンタウン」の松本人志
Photo By スポニチ

 5歳の女児が両親から十分な食事を与えられず、日常的に虐待を受けて死亡した事件について、10日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)ではコメンテーターがそろって悲痛の声。タレントのヒロミ(53)は親の権限が強い現在の法慣習に異論を唱えた。

 死亡した船戸結愛ちゃんは、しつけと称して暴力を振るわれ、十分な食事を与えられなかった。また、残された長文のメモには「きょうよりかあしたはもっとできるようにするからもうおねがいゆるしてゆるしてください」などと書かれていた。

 ヒロミは、親の虐待で命を落とす子供が減らない現状に「毎回同じパターン」と話し、日本では親の権利が強いことを指摘。今回も父親が2回書類送検されながらいずれも不起訴になっていることから「やるやつはやる。2度もつかまってるのに罪じゃねえんだって思っちゃうよ、コイツ」とし、里親制度なども含めた法律の整備の必要性を訴えた。

 「ダウンタウン」の松本人志(54)は「今週は、できたらこのニュースを扱いたくないなあと思っていたんです。家でテレビを見ていても、このニュース、チャンネルを変えるんですよ。見たくないんですよ」とやるせない表情。自身も娘を持つ親の立場。「この女の子は、すぐまた生まれ変わって、温かい家庭に生まれてくることを願います」と最後まで沈痛な表情だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年6月10日のニュース