太田光 いまだ収まらない日大問題にボヤキ「我々の写真出すのやめて」

[ 2018年6月10日 11:35 ]

爆笑問題・太田光
Photo By スポニチ

 「爆笑問題」の太田光(53)が10日放送のTBS「サンデー・ジャポン」(日曜前9・54)に生出演。いまだ収束しない日大アメリカンフットボール部の悪質タックル問題の報道に対し、同大OBとしての不満をもらした。

 騒動は、同大の田中英寿理事長(71)が公の場に一度も出てこないことに批判が集まっている。

 ゲストの「サバンナ」高橋茂雄(42)は「(田中理事長は)ボスキャラ的な感じで、大魔王感はすごい」とゲーム好きならではの例えで表現。「出てきてほしい、見たいなというのもあるけど、日大のシステムとアメフトの問題は別。そこに踏み込むのは無理だと思う」と日大の構造にまで話が及んでいることには無理があるという主張をした。

 国学院大の客員教授を務める作家の岩下尚史氏(56)は「日大の側から言えば、少しずつ少しずつ辞任させてたり、いっぺんにはさせない。マスコミもどうせ新しい話題があればそっちに行くから、しばらくすればみんな忘れる。この番組だって来週からW杯でしょ?なんだかんだ忘れてしまう」と世間が忘れるのを待っていると推測した。

 太田は同じく同大のOBである演出家のテリー伊藤(68)に呼びかけ、「テリーさん、事件のたびに、雑誌で日大OBの芸能人って我々の写真出すのはやめてほしいよね」とOBとしていちいち紹介されることへの不満を吐露。テリーも「ホントだよね」と同意しつつ、「いいように改革してほしい」とも付け加えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2018年6月10日のニュース