声優・田中真弓 フジ日曜朝アニメ制覇!17日に初の3番組連続出演 鳥・妖怪・少年に“3変化”

[ 2018年6月10日 10:00 ]

声優の田中真弓が17日のフジテレビ日曜朝のアニメ3番組をジャック!「レイトン ミステリー探偵社〜カトリーのナゾトキファイル〜」「ゲゲゲの鬼太郎」「ワンピース」と連続出演する
Photo By 提供写真

 アニメ「ドラゴンボール」のクリリン役、映画「天空の城ラピュタ」のパズー役など数々の代表作を持つ声優の田中真弓が17日に放送されるフジテレビ「レイトン ミステリー探偵社〜カトリーのナゾトキファイル〜」(日曜前8・30〜9・00)「ゲゲゲの鬼太郎」(日曜前9・00〜9・30)「ワンピース」(日曜前9・30〜10・00)の3番組に連続出演。日曜朝のアニメを制覇することが10日、分かった。“アドベンチャーサンデー”と題したフジ日曜朝の3アニメにわたって同一声優が立て続けに出演するのは初。鳥、妖怪、少年を巧みに演じ分ける。

 「レイトン」は事件のカギを握る九官鳥・プリスケ役、今年4月にスタートした「ゲゲゲの鬼太郎」はレギュラーの砂かけばばあ役、「ワンピース」は言わずと知れた主人公モンキー・D・ルフィ役を19年にわたって担当。17日朝のフジは田中一色になる。

 初の快挙に、田中は「ありがとうございます! 声優冥利に尽きます」と感謝。「レイトン」については「今回初めて演じたプリスケは、全く違う“鳥”という役で、3つの役のバランスがちょうどよくて演じていても楽しかったです。比較的、少年と豚と鳥は得意なので」と笑いを誘いながら「オファーを頂いた時も『あー鳥ね!』としっくり来ました。過去には『カァ〜』って言うだけで台詞のないカラスの役もやったことがあるけど、今回は日本語をしゃべる鳥だから、感情も出しやすかったですね」と収録を振り返った。

 「ゲゲゲの鬼太郎」は「名実ともに砂かけばばあにちょうど良い年齢に差し掛かってきたので、楽しんでやっていますが、この前、カッパから“砂かけばばあさん”と呼ばれた時は少し複雑な心境でしたね」と苦笑い。「ワンピース」は「ほぼ地声でやらせてもらっているので、いつも通りに。この回の見どころはやっぱりシーザーですね」とし「全然違う3役を演じていますので、田中真弓だってバレないといいな」と願いながら「どう、バレた?」と茶目っ気たっぷりだった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2018年6月10日のニュース