RAD野田、羽生&宇野のとりこ「好きになってきたとても」「ズキュン」

[ 2018年2月17日 21:03 ]

「RADWIMPS」の野田洋次郎
Photo By スポニチ

 ロックバンド「RADWIMPS」の野田洋次郎(32)が17日、自身のツイッターを更新。平昌五輪フィギュアスケート男子でワンツーフィニッシュを決めた羽生結弦(23=ANA)と宇野昌磨(20=トヨタ自動車)、第11回朝日杯将棋オープン戦準決勝で羽生善治竜王(47)に勝利後、決勝も制して六段昇段が決まった史上最年少の中学生プロ棋士・藤井聡太五段(15)を称えた。

 野田は「羽生選手、宇野選手の演技生で観たかったなぁ。。本当におめでとうございます!!勇気をもらう。米ネイサン選手はフリーで1位だったとのこと。巻き返しがすごい」とツイート。「将棋界の藤井さんも快挙おめでとうございます。すごいなぁ。すごいなぁ」と感嘆するようにつぶやいた。

 その後も「宇野選手を好きになってきたとても」とつぶやくと、フォロワーから「二人の仲の良さも見て」と羽生が宇野のほっぺたをむぎゅっとつかんでいる写真が貼られると「ズキュン」と、「この羽生くんも可愛すぎませんか」と羽生の写真が貼られると「かわゆす」と反応。すっかりフィギュアスケートの”とりこ”になってしまったようだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年2月17日のニュース