羽生善治竜王の妻・理恵さん 藤井五段優勝を祝福 夫の敗北も「今日の負けを明日の糧に」

[ 2018年2月17日 17:14 ]

羽生竜王の妻・理恵さん
Photo By スポニチ

 将棋界史上初の永世7冠を達成した羽生善治竜王(47)の妻・理恵さん(47)が17日、自身のツイッターを更新。朝日杯準決勝で羽生竜王を破り、15歳6カ月の史上最年少での一般棋戦優勝を決めた史上最年少の中学生プロ棋士・藤井聡太五段(15)の祝福した。

 藤井5段を優勝を決めると、即座に「藤井聡太先生、おめでとうございます。将棋界の宝物です」とツイート。さらに「負けを見るのは何十年経っても苦しいけれど、今日の負けを明日の糧に。ここは 美味しいご飯の出番でしょうか…」と夫である羽生竜王をねぎらいつつ、「これからも雲外蒼天の心持ち」と心情を吐露。それでも「それと、未来を担う若い才能を心から嬉しく思うのは別々のこと」と続けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2018年2月17日のニュース