ジャニーズ事務所100メートル移転 乃木坂のビル購入、関連会社も集約へ

[ 2018年2月17日 05:50 ]

現在のジャニーズ事務所ビル
Photo By スポニチ

 ジャニーズ事務所が移転することが16日、分かった。同事務所は、ソニー・ミュージックエンタテインメントが所有していた、東京・赤坂にあるSME乃木坂ビルの敷地と建物を13日付で購入。改装工事などが終わり次第、同ビルに移転する。

 関連会社もいくつか入居するとみられる。テレビ局関係者は「関連会社を集約することで、仕事を効率化させる狙いがあるようです」と話している。

 同事務所は現在、同ビルから100メートルほど離れた場所にある。98年に自社ビルを建設し、六本木から移転した。それ以来、20年ぶりの本社機能の移転となる。現在の自社ビルは引き続きジャニーズが所有し、何らかの形で活用していく。

 乃木坂ビルに入っていたソニーミュージックスタジオ東京は、ソニー・ミュージックエンタテインメントがジャニーズ事務所と賃貸借契約を結んだ上で、これまでと変わらず運営していく。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年2月17日のニュース