囲碁の井山7冠、4連勝で棋聖戦6連覇 タイトル3つ目も防衛

[ 2018年2月17日 05:30 ]

 囲碁の第42期棋聖戦7番勝負第4局が15、16の両日、岩手県大船渡市で打たれ、井山裕太7冠(28)が177手で挑戦者の一力遼八段(20)に勝ち、4連勝で棋聖6連覇、全7冠を堅持した。

 13日に囲碁界初の国民栄誉賞を受賞してから、初のタイトル防衛。昨年10月に自身2度目の7冠独占を果たして以降、11月に王座と天元を防衛しており、今回が3つ目の防衛となった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2018年2月17日のニュース