羽生竜王に勝った!藤井五段「感無量」 決勝は「力を尽くして」

[ 2018年2月17日 13:09 ]

朝日杯将棋オープン戦準決勝、感想戦を終え引き上げる羽生善治竜王(左)と拍手喝采を浴びる藤井聡太五段
Photo By スポニチ

 将棋界史上初の永世7冠を達成した羽生善治竜王(47)と史上最年少の中学生プロ棋士・藤井聡太五段(15)が公式戦初対戦する第11回朝日杯将棋オープン戦準決勝が17日に東京・有楽町朝日ホールで行われ、先手の藤井五段が119手で勝利した。

 振り駒の結果藤井が先手、羽生が後手番に。戦型は相居飛車から3度の角交換を経て、藤井が先に仕掛ける形に。藤井は先に時間を使い切ったものの、羽生の王を巧みに中段に誘い出し、最後はきれいな詰みに仕留めた。

 対局を終えた藤井は、羽生について「私が将棋を始めた頃から、とても大きい存在で憧れだった。その羽生先生と公式戦で対局するのは一つの夢でしたし、そこで勝利を収めることができたのは感無量です」と感慨深げ。決勝に向けて「自分の力を尽くして戦いたい」と語った。敗れた羽生は「1年前も今回も、非常にしっかりとした落ち着いた差し回しで、安定感があると感じた。秒読みでも冷静に1手1手指されていた」と藤井の印象を語った。

 準決勝まではシードの羽生の2勝に対し、藤井は佐藤天彦名人(30)戦を含む8勝を挙げ、準決勝進出を決めていた。決勝に進んだ藤井五段は午後2時半から、久保利明王将(42)に勝利した広瀬章人八段(31)と対戦。15歳6カ月の史上最年少、中学生史上初の一般棋戦優勝と六段昇段に挑む。

 羽生と藤井はこれまで非公式で2度対戦し、1勝1敗。昨年2月に「AbemaTV」の企画で対局し、藤井が勝利(配信は4月)。3月には映画「3月のライオン」関連の企画でも対局し、羽生が勝利を収めた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年2月17日のニュース