尾木ママ“聖地”で願掛け「ゆづが思い通りのパフォーマンスを」

[ 2018年2月17日 05:45 ]

平昌五輪フィギュアスケート 羽生結弦SP首位発進

羽生結弦のSP首位発進を見届けてから“聖地”弓弦羽神社で願掛けした尾木直樹氏(尾木氏のブログより)
Photo By 提供写真

 羽生を熱心に応援している「尾木ママ」こと教育評論家の尾木直樹氏(71)は“聖地”弓弦羽神社(兵庫県神戸市)で願掛けした。

 関係者によると、仕事の都合で関西を訪れており、羽生のSPを見届けてから向かった。ブログには「ケガとたたかうゆづが思い通りのパフォーマンスができますように」と記した絵馬の写真も掲載した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2018年2月17日のニュース