古舘伊知郎 政界進出を否定 過去に出馬要請も「しゃべり手でいたい」

[ 2017年8月26日 12:36 ]

古舘伊知郎
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの古舘伊知郎(62)が26日、ニッポン放送「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに 1000回」(土曜前11・00)に生出演。歌手の和田アキ子(67)から、政治家に転身しないのか問われ、「(ずっと)しゃべり手でいたい」と全面否定した。

 「芸能界をにぎわせている不倫劇についてどう思うか」という番組リスナーからの質問に、古館は「一概に不倫と言っても、『不倫て何だ』っていう話で、『いいじゃんこのぐらい』という不倫とか『これはダメだよね』というのとか、ケースバイケースだからよく分からない」とした上で「正直言うと、ちょっと世間が狭くなった」と話した。これに和田も「何でもかんでもダメになった」と同調し「(昔は)男の甲斐性だった。奥さんも分かってらっしゃった。(今は)どうしたの?というぐらい(風当たりが厳しい)」。さらに、和田は今井絵理子議員(33)の不倫問題について取り上げ、「政治の『せ』の字も知らないアイドルが、政治家になって2300万もらえる(のはおかしい)」と力説した。

 さらに、和田から「政治家になろうと思ったことないの?」と問われた古舘は「政治家に(なることに)興味はない」と即答。過去に出馬要請があったことは認めたが「政治には興味あるが、政治家になりたいとは思わない。そんな器だと思わない。(ずっと)しゃべり手でいたい」と説明した。今後も自らの肩書は「司会者、しゃべり手、アナウンサーどれでもいい」と断言。ただ、テレビ朝日「報道ステーション」は降板したため「ニュースキャスターはやめた」と念を押した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年8月26日のニュース