ゆりやん紺ジャケで本気漫才モード“おいでやすレトリィバァ”M1初出場

[ 2017年8月26日 15:25 ]

「M―1グランプリ」の1回戦に初出場したゆりやんレトリィバァ(右)とおいでやす小田
Photo By スポニチ

 ピン芸人のゆりやんレトリィバァ(26)が26日、おいでやす小田(39)と新たに結成したコンビ「おいでやすレトリィバァ」として、大阪市内で漫才日本一決定戦「M―1グランプリ」の1回戦に初出場した。

 R―1ぐらんぷりファイナリスト2人によるタッグ。普段はハリウッド女優になりきるネタなどで派手なドレスを着ているゆりやんが、この日は「漫才と言えば…」と紺色のジャケット姿で登場した。漫才の常套句「言うてますけども」ならぬ、お気に入りのせりふ「言うてませんけども」を連発したり、突然「獄中結婚にあこがれます」と話し出すなど大暴走。小田がいちいちツッコミを入れ、笑いを誘った。

 出演後の会見では、ネタ中に「この人、ようしゃべるでしょ。家ではいっこもしゃべらないんです」などと夫婦漫才師になりきったゆりやんに、「コンビで一線は越えていない?」と質問が飛んだ。顔をゆがめ、「越えました…ご迷惑をおかけしました」と返すゆりやんに、既婚の小田は「不倫会見か!あるわけないやろ!」と一蹴し、笑わせた。

 初挑戦の漫才について、ゆりやんは「目線のやり場が分からず、笑ってくれてる人ばっかり見てやってました」と苦笑い。小田は「“言うてませんけども”は全然ウケてなかった。僕はゆりやんの言う事が何でも面白く感じてしまうから、もうちょっと厳しい目で見ないと」と反省。「全力で決勝を目指します」と声をそろえた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年8月26日のニュース