氷川きよし、ワンバン始球式「25点」神宮で東京音頭熱唱

[ 2017年8月26日 05:30 ]

始球式を行う氷川きよし
Photo By スポニチ

 歌手の氷川きよし(39)が25日、東京・神宮球場で行われたヤクルト―DeNA戦の始球式を務めた。ヤクルトの緑のユニホームに身を包んだ氷川は、30枚目のシングル「男の絶唱」を熱唱。その後、始球式ではワンバウンドとなり「リハーサルのときは余裕な気持ちでしたが、(客席に)人が入ると緊張しますね。点数?控えめに25点ですね」と笑いを誘っていた。

 ヤクルトの7回の攻撃前には再び登場し東京音頭を熱唱。球場を大いに盛り上げた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年8月26日のニュース