ブルゾンちえみ、24時間ランナーは番組開始1時間後に告げられた

[ 2017年8月26日 21:10 ]

24時間マラソンをスタートするブルゾンちえみ
Photo By 提供写真

 節目の40回目を迎えた日本テレビの夏の風物詩「24時間テレビ40 告白〜勇気を出して伝えよう〜」が26日午後6時半にスタート。恒例のチャリティーマラソンランナーはスペシャルサポーターのお笑い芸人・ブルゾンちえみ(27)が務めると発表された。

 今年は放送1カ月を切っても伏せられたまま。7月30日の同局「行列のできる法律相談所」(日曜後9・00)で、総合司会を務める羽鳥慎一アナウンサー(46)から「今年の24時間テレビのマラソンランナーですが…何と!24時間テレビの当日に発表します。当日まで、その本人は知らされません」と告知された。ランナー候補は「当日、会場の日本武道館にいる人」「走る理由がある人」としていた。

 ランナー発表は24時間テレビの放送開始から約1時間が経過しても公開されず、2時間14分後の20時44分に発表。スタート地点にブルゾンちえみが登場した。ブルゾン本人には番組開始1時間後に告げられた。

 走る理由については、芸人を辞めて実家岡山に帰り教師になろうと考えていたが、諦めずに“ラストチャンス”で披露した男性2人組「with B」とのキャリアウーマンネタが今年ブレーク。ランナーとして“何かに諦めかけている人に思いを伝えたい”と説明した。

 ブルゾンは「本当に選ばれて光栄です。まだ戸惑っていますが、(トレーナーの)坂本さんに任せて最後まで走りきろうと思います」と意気込みを語り、スターターを務めたタレント萩本欽一(76)と女優の広末涼子(37)の後押しを受けて武道館を出発した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年8月26日のニュース