壇蜜 宮城県のPR動画配信打ち切りも「ツボに入って良かった」

[ 2017年8月26日 16:17 ]

宮城県の観光イベントに登場した壇蜜(左)と村井嘉浩知事
Photo By 共同

 性的な表現と受け止められかねない演出で波紋を広げている宮城県のPR動画に出演したタレントの壇蜜が26日、仙台市で開かれた県の観光イベントに登場した。抽選で選ばれた約90人の観客を前に、同日中に配信が打ち切られる動画について「皆さんのツボに入って良かったと思う。動画は一区切りつくが、そこまで支えてもらったことは感謝しかない」と話した。

 村井嘉浩知事との対談では「これからもできることがあればお手伝いしたい。いろいろありましたけど、東北に所縁のある者としてかわいがってくれたら」と笑いを誘った。

 イベント後、村井知事は取材に応じ、観光への効果はあったと強調。その上で「一過性のものに終わらせないよう努力したい。秋冬バージョンの観光PR動画も作るのでお楽しみください」と述べた。

 動画は観光キャンペーンの一環として7月5日に投稿サイトで公開。県内の観光名所や名物を紹介する内容で、再生回数が460万回を超える一方、壇蜜の唇が度々クローズアップされるといった演出が性的表現を連想させると女性県議らから批判されていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年8月26日のニュース