水川あさみ「東京は夢や目的落ちている」上京時の思いしみじみ

[ 2017年8月26日 07:00 ]

カンテレ「○○発東京行き」で語りを務める女優・水川あさみ
Photo By 提供写真

 女優の水川あさみ(34)が26日に放送されるカンテレのドキュメンタリーバラエティー番組「ヒルスパ!〇〇発東京行き」(土曜後3・00)で“語り”を担当、登場人物たちの思いを声で伝える。

 番組スタッフが約1カ月にわたり、大阪の東京行き高速バス乗り場で密着取材。上京する人の思いを聞きながら、ともに東京を目指す。芸能界入りを目指す人や子供の勇姿を見たい人、あこがれの人に会いたい人など、様々な思いを抱えた8組が登場。思いを胸に向かった東京での様子も届ける。

 水川は女優を続けていくために高校から上京した経験を持つだけに「東京での生活が大阪にいた頃よりも長くなりましたが、最初はよく分からないまま上京してきたのを思い出しました」としみじみ。「本当にいろんな目的を持って東京に来る人がたくさんいるんだなと思いました。東京は大変なこともあるけど、いっぱい夢や目的が落ちている場所だなと思いました」と感想を語った。

 「キャラが濃い登場人物もいて、笑いが抑えられなかった」場面もあったという収録。最後は「いろんな意味で勇気づけられる番組だと思いますので、ぜひ皆さんに見ていただければと思います」と呼びかけた。

 その他、番組出演者は関西から上京し現在は東京で活躍している芸能人。兵庫出身の陣内智則(43)がMCを務め、大阪出身の秋野暢子(60)、京都出身のAKB48・横山由依(24)、大阪出身の鰻和弘(33)と兵庫出身の橋本直(36)の漫才コンビ「銀シャリ」がパネラーとして登場する。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年8月26日のニュース