モー娘新センター牧野真莉愛 ハムにパワー送った!胴上げ見届けた

[ 2016年9月29日 05:36 ]

スタンドから日本ハムに声援を送る「モーニング娘。’16」の牧野真莉愛

 プロ野球・日本ハムの4年ぶりのパ・リーグ制覇に芸能界のハム党も歓喜に沸いた。熱烈なファンで知られるアイドルグループ「モーニング娘。’16」の牧野真莉愛(15)は西武プリンスドームで大逆転Vの瞬間を見届けた。27日に続く連夜の観戦で、右翼スタンドで喜びを爆発させた。

 大好きな日本ハムの4年ぶりの優勝が決まると、牧野は西武プリンスドームの右翼スタンドで他のファンとともに万歳。顔をくしゃくしゃにして喜びを爆発させた。

 「栗山監督の胴上げを生で見たことがなかったので、本当に良かった。真莉愛、とってもとってもうれしいです!」。今季は10試合ほど球場に足を運び、前日も観戦。06、07、09年の優勝の瞬間は球場で見たという、筋金入りのファンだ。しかし前回、監督就任1年目の12年はテレビ観戦。「選手思いで、選手のことを一番に考えてくれていると思います」という栗山英樹監督が宙を舞う姿を、つぶらな瞳に焼き付けた。

 4歳の頃、母親に連れられて札幌ドームへ。新庄剛志に手紙を渡すなどしたことがきっかけでファンになった。自身は15歳。この日は22歳の大谷翔平投手が快投を披露し「グッときました。素晴らしかった」。自身も新曲でセンターを務めることになっており、「大谷選手が頑張っているから、真莉愛も子供だからとかじゃなくて、頑張らなきゃと思う」と大いに刺激を受けていた。

 この日は「宝物」も持参。07年、ビールかけを終えた選手からもらったというゴーグルだ。会場のそばで手渡されたといい、「ビールのにおいがするから、ずっと洗わずにとっておいたんです」。缶のケースに入れて大切に保管していた宝物とともに歓喜の瞬間を味わった牧野は、「ずっとずっとファイターズ、応援しています。大好きです」と変わらぬ「日本ハム愛」を誓っていた。

 ◆牧野 真莉愛(まきの・まりあ)2001年(平13)2月2日、愛知県生まれの15歳。ハロプロ研修生を経て、14年9月「モーニング娘。’14」に12期メンバーとして加入。15年4月7日、日本ハム―西武戦で始球式を務めた。同年11~12月にはGAORAの応援番組「GET!ファイターズ」にゲスト出演。愛称・まりあ。血液型A。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2016年9月29日のニュース