吉竹史アナ、衝撃発言連発!「女子アナは中身おじさん」「仕事で女出すと…」

[ 2015年10月20日 22:58 ]

フリーアナウンサーの吉竹史アナ

 フリーアナウンサーの吉竹史アナ(31)が20日、日本テレビの「解決ナイナイアンサー」(火曜後9・00)に出演。女子アナウンサーの実態について赤裸々に語った。

 毎日放送を14年1月末に退社し、フリーで活躍する吉竹アナ。番組では同じくフリーの伊藤綾子アナ(34)、川田裕美アナ(32)とトークを繰り広げたが、吉竹アナは「局アナ時代にやりたかった番組を後輩が担当したりすると、私の何が悪かったのかと。私じゃない理由を先輩に聞いたり…結構ガツガツやってました」と“ぶっちゃけ話”でトークをリードした。

 その後も衝撃発言は止まらず、「女子アナは派手なイメージがあると思う。私は20代のころ派手なことをしたいって思っていた。せっかくアナウンサーになったんだからって。毎日出掛けて食事に行ったりしてました」や「女子アナは、女を出した瞬間にその人の仕事は終わります。女子アナって中身がおじさんみたいなひとが多い」と自身の女子アナ論を熱く語っていた。

 話題が恋愛に及ぶと「私毎回フラれてます」と言い、「フラれて泣いたときも次の日オンエアがあり、目を腫らしたくないので涙を拭かずにだだ流しにします。拭くと(メイクも)こすれるので」とカメラ映りに影響しにくい泣き方をすると話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年10月20日のニュース