「週刊将棋」来年3月で休刊 32年の歴史に幕「役割終えた」

[ 2015年10月20日 12:31 ]

 1984年に創刊された唯一の将棋専門週刊新聞「週刊将棋」が来年3月30日号をもって休刊することになった。20日、マイナビ出版が公式サイトで発表した。32年の歴史にピリオドを打つ。休刊理由は「メディアを取り巻く環境の変化は著しく、その役割を終えた」としている。

 雨宮知典編集長はブログで「ご愛読いただいている皆さまには突然のことで、さぞ驚かれたことでしょう。誠に申し訳ありません」と謝罪。「休刊は事業としての現状、将来性を冷静に検討した結果です。ご理解のほど、よろしくお願いいたします」と報告した。

 同紙は日本将棋連盟とマイナビ出版の共同事業として発行。七大タイトル戦の解説やアマチュア大会の結果など、豊富な情報量で人気を博した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2015年10月20日のニュース