うじきつよし アラ還婚していた!昨年2月に50代一般女性と

[ 2015年10月20日 06:20 ]

結婚について語るうじきつよし。左手薬指には結婚指輪がキラリ

 俳優で80年代に人気を博したロックバンド「子供ばんど」のリーダー、うじきつよし(58)が結婚していたことが19日、分かった。お相手は服飾関係の仕事をする50代の女性。本紙の取材にうじきが「芸能界では結婚が続いているけれど、僕たちは合計100歳オーバー」と語る円熟婚。うじきは初婚で、女性は再婚。婚姻届を昨年2月に提出し、「まだ新婚ですよ」と幸せいっぱいの笑顔を見せている。

 年齢を重ねるごとに「人生を逆算するようになったこと」が還暦を目前とした結婚のきっかけになった。結婚記念日は2月4日。女性から「旧暦では新年が始まる日」と聞き、この日を選んだ。

 妻となった女性とは約10年前に仕事で知り合った。当時は仕事仲間の一人だったが、2011年に子供ばんどが活動を再開した時、衣装の相談をしているうちに、女性を「物事を俯瞰(ふかん)して見られる人」として頼りにし、引かれていった。

 「バンドのリスタートもそうだったけど、“あと何年生きられるのか”“今みたいにできるのか”を考えた時に無限じゃないって気付いた。僕は成長が遅いんで、気付くのも遅いんですけど」と苦笑い。東日本大震災後にチャリティー活動で被災地に行くことも多く、「一人じゃ自分を支えられない時もあると感じることが増えてきた」。そんな時に「(女性から)“大丈夫だよ”と声を掛けられると、自分がここにいて良かったと思えた」と支えてくれる存在と家族になることを決めた。

 知人によると、女性は目がパッチリしたロングヘアの美人。両家のあいさつでは、うじき側が90代の父親、相手側が80代の両親という高齢者同士で、和やかな雰囲気だったという。うじきは「身近なところにパートナーがいるのは本当に幸せ」と新婚生活の充実ぶりをうかがわせている。

 子供ばんどは11月4日に名古屋、6日に大阪、7日に京都、12月3日に東京・原宿でライブを予定。ファンから結婚を祝福する声が上がりそうだ。

 ◆うじき つよし(本名・氏木毅) 1957年(昭32)9月18日、東京都生まれの58歳。73年に子供ばんどを結成し、80年にデビュー。ギターとボーカルを務めた。88年に活動を休止後、俳優業のほか、フジテレビ「カルトQ」の司会やクイズ番組の解答者など、タレントとしても活躍。子供ばんどは11年に活動を再開。デビュー35周年の今年は新アルバム「ロックにはまだやれることがあるんじゃないのか」を発売した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2015年10月20日のニュース