「氷バケツ支援」忘れぬように…ヒュー・ジャックマン1年遅れの挑戦

[ 2015年10月20日 16:26 ]

俳優のヒュー・ジャックマン

 14年夏に多くの芸能人が参加して話題を集めた、難病の筋委縮性側索硬化症(ALS)患者を支援する活動「アイス・バケツ・チャレンジ」を覚えているだろうか。「氷バケツって何の患者支援だっけ?」「昨年の支援活動の勢いは…」とすでに過去のものとなってしまったことを残念がる人もいると思うが、ことし9月にオーストラリア出身の俳優ヒュー・ジャックマン(46)が自身のインスタグラムとツイッターで「アイス・バケツ・チャレンジ」に挑戦したことを報告していた。

 白シャツに蝶ネクタイ姿のジャックマンは動画で「遅いのは分かっていると」と話してから、バスタブ内でバケツいっぱいに入った氷を頭からかぶった。「これが15年版ALSアイスバケツチャレンジだ」とつぶやき、支援活動が絶えぬよう願った。

 日本でも昨夏、芸能人が中心となって行った“氷かぶりイベント”には賛否両論あったが、日本ALS協会は公式サイトで「アイス・バケツ・チャレンジ」で約3755万円(14年11月末現在)の寄付が集まったと報告。公式サイトによると、同協会への寄付金は過去20年で約7688万円だったとあり、1年間で20年間の半分近くの金額が集まったことになる。

 世界的人気スター俳優、ジャックマンが行った15年アイス・バケツ・チャレンジ。否定的な意見もあるが、来年16年以降も支援活動が続き難病研究のための寄付金が集まることを願いたい。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2015年10月20日のニュース