乳がん告白の北斗晶 誰一人告げず「5時夢」出演 病気伏せ仕事完遂

[ 2015年9月23日 15:56 ]

乳がんを告白した北斗晶

 元女子プロレスラーでタレントの北斗晶(48)が23日、自身のブログを更新。乳がんであることを告白した。24日、右乳房全摘出手術を受ける。前日22日には火曜レギュラーを務めるTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・00)に生出演。「火曜メンバーには誰一人告げずに」放送を終えた。告知後、決まっていた仕事は1つも穴を開けず。病気は伏せ、笑顔で仕事をやり遂げた。

 「それは、悲しい番組じゃないからです。私が癌だと生放送前に知ったら…昨日が最後だと知ったら…長年共にやってきたメンバーが泣くからです。いつもハチャメチャな番組を楽しみにしてくれている視聴者の皆さんにも、いつも通りゲラゲラ生放送を見て笑ってほしかったからです」と理由を説明。

 「言えなかったじゃなく、言わなかったのです。『さよなら』を言ったら…本当にお別れになってしまう気がしたので」とした。

 「告知されてからの数カ月、決まっていた仕事はキャンセルせずに、すべてこなしてから手術することにし、昨日まで走り抜けました!」。それが「私にできることは最後まで皆んなに癌だとは知らせず笑顔で。元気な北斗晶でテレビに出ること」だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「市原悦子」特集記事

2015年9月23日のニュース