乳がん告白の北斗晶 髪切ったワケ…抗がん剤で髪抜ける「前もって…」

[ 2015年9月23日 16:37 ]

乳がんを告白した北斗晶

 元女子プロレスラーでタレントの北斗晶(48)が23日、自身のブログを更新。乳がんであることを告白した。24日、右乳房全摘出手術を受ける。術後は抗がん剤治療に入る。今月18日付のエントリーでは、15年間伸ばした髪の毛を45センチ、バッサリ切り、ショートカットになった写真をアップ。「似合う」などと話題になったが、抗がん剤治療に備えたものだったことを明かした。

 「残念ながら、私の癌は胸だけでなく脇のリンパにまで転移している可能性があるようです。これから長い闘病生活が始まります。術後ほどなく抗がん剤治療が始まり、1カ月後くらいには髪も抜け始め、最終的には全部なくなるでしょう」と告白。

 「胸がなくなり髪がなくなった時 死に対する恐怖もあり精神的に崩れてしまう人がたくさんいるそうです…。だから、長い髪のままだと精神的ダメージが大きいから、前もって髪を切ることを主治医に勧められ、先日バッサリと髪にサヨナラしました。それが45センチ髪を切った訳です」とショートカットにした意味を打ち明けた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2015年9月23日のニュース