10時間Mステ開始 タモリ「昼の生放送任せて」徹子珍言「私の部屋がない」

[ 2015年9月23日 12:00 ]

10時間の生放送に挑むタモリを激励した黒柳徹子

 テレビ朝日「30年目突入!史上初の10時間SP MUSIC STATION ウルトラFES」が23日正午、スタートした。司会のタモリ(70)は昨年3月のフジテレビ「笑っていいとも!」放送終了以来、約1年半ぶりに正午スタートの生番組に出演。この日は「徹子の部屋」(月~金曜正午)が休止で、黒柳徹子(82)が応援に訪れ、軽妙トークを繰り広げた。

 オープニングで、弘中綾香アナウンサー(24)と歩きながら同局入りしたタモリは「昼の生放送は任せてください。ただし1時間が限度です」と笑いながら意気込み「こんにちは、タモリです。この番組で『こんにちは』って言うのは初めて」とあいさつした。

 番組冒頭、黒柳も生出演。1曲目「ギンギラギンにさりげなく」を歌う近藤真彦(51)の横に座り「違うんですよ、徹子の部屋がないから、どこだろうと探しているんです、私。どこに行きました?」と、いきなりオトボケ。タモリが「きょうはお休みでございまして…。申し訳ございませんが、休んでいただきまして…」と言うと、黒柳は「私が休む?何しているの、その間」などと珍言を連発した。

 2人は「10時間?起きていられます、あなた」(黒柳)「大丈夫だと思いますけど。起きてはいられると思いますけど」(タモリ)などと軽妙なトークを展開。黒柳は海外に行く予定が取りやめになり、この日の出演が可能になった。

 近藤が歌い終えると、黒柳は「自分の部屋がどこ行ったのか、探さなきゃならないから。10時間でしょ?大変」とタモリにエールを送った。

 過去最多となる全61組の豪華アーティストが出演。ロックバンド「REBECCA」は再結成後テレビ初出演。バーチャルアイドル・初音ミクは生放送の音楽番組初出演する。また、ZARDの「負けないで」や宇多田ヒカル(32)の「First Love」のHDリマスター版がノーカット放送される。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年9月23日のニュース