タモリ Mステ生10時間“完走”「あっという間だった」

[ 2015年9月23日 21:54 ]

テレビ朝日「30年目突入!史上初の10時間SP MUSIC STATION ウルトラFES」の司会を務めたタモリ
Photo By スポニチ

 23日正午から放送されたテレビ朝日系「30年目突入!史上初の10時間SP ミュージックステーション ウルトラFES」(水曜正午)が無事終了。司会を務めたタモリ(70)は10時間を“完走”し「あっという間だった」と充実した表情を見せた。

 番組30年目突入を記念して、10時間にわたり全61組の豪華アーティストがヒット曲だけを披露。最終61組目として登場したEXILEが2曲を披露してフィナーレを迎えた。

 番組終了直前に「日本を代表する曲ばかりだからか、ダレるところがなかった。10時間、あっという間だった」と疲れた様子もなく振り返ったタモリ。「知らない外国人が初めて(この放送)を見たら、音楽専用チャンネルだと思うよな」と感想を述べ、最後は「本当の意味での“ミュージックステーション”だった」とタモリらしい味のある言葉で10時間を締めくくった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2015年9月23日のニュース