北斗晶 乳がん告白 24日に右乳房全摘出手術「青天の霹靂」

[ 2015年9月23日 15:05 ]

乳がんを告白した北斗晶

 元女子プロレスラーでタレントの北斗晶(48)が23日、自身のブログを更新。乳がんであることを告白した。24日、右乳房全摘出手術を受ける。

 「【またね】と言わせてください」と題したエントリー。「私は今、病院のベッドにいます。昨日の夕方の生放送を最後に、本格的な闘病生活に入ることになりました。病名は…乳癌です」と衝撃告白。「私としても青天の霹靂で、この数カ月、 乳房を全摘出しなければならないという結果に心が付いていけず…」と心境を吐露した。

 温存療法など、あらゆる方法を探ったが「私の右胸の乳癌は、分かった時には既に約直径2センチ大の大きな腫瘍になっていました。残念ながら、進行が異常に早く1年間でここまで大きくなってしまったようです」。年頭、当初「胸の異変を感じた時には、 初めは違う乳腺の病気を疑いました。一番初めに何かがおかしいと感じたのは、うつ伏せになって床に転がった時でした。うつ伏せで、胸を圧迫したことで右胸にチクッとする痛みを感じました。でも、身内にも乳癌の人はいないし、毎年マンモグラフィーもエコー検査も受けてるので、その安心感から圧迫されただけの痛みだとしか思いませんでした」と振り返った。

 毎年秋に行っている検査を待たずに、細胞を採取。「そして忘れもしない、7月7日七夕の日の夜でした。調べてもらった先生に病院に来てくれと呼ばれ、検査結果を聞きに病院に(夫の佐々木)健介と2人で向かいました。先生の口から初めに出た言葉が…調べた胸の細胞から癌の陽性反応が出たと…言葉だけでは理解しがたく、告知された瞬間は他人事のような感覚だった気がします」。翌日、セカンドオピニオンを受けたが、結果はやはり乳がんだった。

 「北斗晶、5年先、10年先を生きるために長い闘いに入ります!同じ乳癌で苦しんでる人。癌と戦ってる人たちに少しでも、北斗晶も苦しんでるんだから一緒に頑張ろうと思ってもらえる存在になれればと思います。必ず戻ると、現時点では約束はできませんが…今は『またね!』と言わせてください」と呼び掛けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2015年9月23日のニュース