ぱるる、Mステ特番で音楽活動再開 持病のぜんそく治療

[ 2015年9月23日 20:34 ]

AKB48の島崎遥香

 持病のぜんそくの治療を続けているAKB48の島崎遥香(21)が23日夜、テレビ朝日「ミュージックステーション10時間スペシャル」に生出演し、音楽活動を再開した。

 番組でAKBは「ポニーテールとシュシュ」「Everyday、カチューシャ」「恋するフォーチュンクッキー」の3曲のスペシャルメドレーを披露した。「恋する…」ではSMAPの木村拓哉(42)も飛び入り参加。メンバーが大喜びする中、島崎も息を切らせる様子もなく最後まで笑顔で歌い切った。

 先月7日、当面の活動休止を発表。今月12日にパリで行われた映画祭には女優として出席したが、16日のAKBじゃんけん大会は欠席していた。

 島崎は出演後に自身のツイッターを更新。「久しぶりのTV?とーっても緊張しました!終わってひと安心」と無事に再スタートを切り、ホッとした心境をつづった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年9月23日のニュース