たけし「自分の原点」浅草で13年ぶり生歌披露

[ 2015年9月23日 05:30 ]

「第8回したまちコメディ映画祭in台東」のクロージングセレモニー「ビートたけしリスペクトライブ」で熱唱した、ビートたけし

 ビートたけし(68)が22日、東京・浅草公会堂で行われた「第8回したまちコメディ映画祭in台東」のクロージングセレモニーに登場した。

 人々に元気を与えた喜劇人らを顕彰する「コメディ栄誉賞」を受賞し、たけしをリスペクトするミュージシャンによる記念ライブの大トリで登場。観客から「お帰り!」の掛け声で迎えられ、浅草で修業していた時代の思い出を自身で作詞・作曲した「浅草キッド」を熱唱。ステージで生歌を披露するのは13年ぶりで、約1000人で満員の客席からは割れんばかりの拍手が起きた。

 賞状を手に「大学をクビになって、やることがなくて浅草にたどり着いた。浅草の芸人で死んでいけばいいと思っていたけど、テレビや映画の仕事に就くことができた。しかし自分の原点は浅草」と感極まった表情で感謝した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2015年9月23日のニュース