指原 総選挙1位奪還誓う「今年1番働いた自信ある」

[ 2015年4月8日 21:00 ]

 HKT48の指原莉乃(22)が座長公演初日の8日、東京・明治座でHKT48のメンバーとともに囲み取材に応じ、「第7回AKB48選抜総選挙」(6月6日、福岡・ヤフオクドーム)での1位奪還を誓った。

 13年に初の1位に輝きながら、昨年はAKB48の渡辺麻友(21)に敗れ2位。報道陣から1位への意欲を問われると「頑張っているので、今年1番働いた自信もある。できれば1位とりにいきたいなと思います」と話した。また、開催地がHKT48の地元・福岡ということもあり、「(HKT48から)1人でも多くランクインできれば」とグループ全体のさらなる躍進にも期待を込めた。

 第7回選抜総選挙は昨年に続いて計80人を選出。立候補資格があるのは、AKB、SKE、NMB、HKTの在籍メンバーと、海外に移籍中の元AKBメンバー。総選挙投票のシリアルナンバーが封入されるAKBの新曲は、5月20日に発売される。

 HKT劇場はヤフオクドーム周辺のホークスタウンモール内にある。指原ら、HKTメンバーにとってはホームグラウンドと言える会場での開催だけに、地元・福岡のファンの熱い支持が追い風になりそうだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年4月8日のニュース