ウエンツ瑛士 そっけないSMAP中居に「マジで嫌なヤツだと」

[ 2015年4月8日 22:21 ]

ウエンツ瑛士

 歌手のウエンツ瑛士(29)が8日放送の日本テレビ系「ナカイの窓 2時間SP」(水曜後9・00)に出演。同番組のMCを務めるSMAPの中居正広(42)を「嫌なヤツだと思った」過去があることを明らかにした。

 人気子役だったウエンツが西田ひかるのバックダンサンサーとして出場した1998年大みそかの「第49回NHK紅白歌合戦」でのこと。舞台裏でウエンツがSMAPのメンバーとすれ違った際、木村拓哉からは「頑張れよ」と激励してもらったが、中居と対面した時、ウエンツが「よろしくお願いします。頑張ってください」とあいさつをしたのにもかかわらず、中居はただ「はっ」と一言だけ残して通り過ぎたという。

 「俺、この時マジで嫌なヤツだと思った」と吐露。16年半ごしのウエンツの告白に、中居も苦笑いするばかりだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年4月8日のニュース