日本代表

 侍ジャパンの稲葉篤紀監督(45)が20日、2020年東京五輪の野球の実施方法が決まったことを受け、5戦全勝での金メダル獲得を見据えた。五輪では変則トーナメントの「ノックアウト方式」が採用され、4勝3敗でも金メダルの可能性がある。しかし指揮官は「負けてもいいとは思っていない。全勝して5戦で終える…

記事全文
Webtools & Bookmarks

ニュース

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:07月21日14時〜15時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム