巨人・岡本和真が初回に先制2ベース! 6試合連続安打でリーグ打点トップに「あと1」

[ 2024年6月23日 15:01 ]

セ・リーグ   巨人―ヤクルト ( 2024年6月23日    東京D )

<巨・ヤ>初回、先制適時二塁打を放つ岡本和(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 巨人の岡本和真内野手(27)が23日のヤクルト戦(東京D)に「4番・三塁」で先発出場。初回に先制の適時二塁打を放ち、6試合連続安打とした。

 2死一塁で入った第1打席。相手先発右腕・ヤフーレが岡本和へ初球を投じる前の一塁けん制球でボーク&悪送球のミスを犯し、1死三塁と場面が変わったあとの初球だった。

 真ん中付近に入ったチェンジアップを逃さず、打球は左中間フェンス直撃の適時二塁打となった。

 岡本和はこれで今季37打点目。試合前まで38打点でセ・リーグトップのサンタナ、オスナ(ともにヤクルト)の目の前で「あと1」と迫った。

 ▼岡本和 甘く入ってきた球をうまくコンタクト出来たと思います。先に点が取れて良かったです。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月23日のニュース