7・13ロッテ―オリックスで4人組バンド「トンボコープ」スペシャルライブ

[ 2024年6月23日 12:26 ]

7月13日のロッテ―オリックスの試合前にスペシャルライブを行う4人組バンド「トンボコープ」(球団提供)
Photo By 提供写真

 千葉ロッテマリーンズは7月13日のオリックス戦(ZOZOマリンスタジアム)に4人組バンド「トンボコープ」が来場し、試合前にスペシャルライブを行うと発表した。当日は2021年から続く夏のスペシャルイベント「BLACK SUMMER WEEK supported by クーリッシュ」が開催される。

 トンボコープは試合開始前の午後5時40分ごろにグラウンド内でライブパフォーマンスを行い、イベントを盛り上げる。球団広報を通じて「今回7月13日に歌唱出演させていただくことになりました。東京が地元で少年期はずっと野球をやっていたので小さい頃にZOZOマリンスタジアムには何度か足を運んでおり、夢の舞台のひとつでしたので今回このステージに立てることはとても嬉しいです。今自分達の持っている全力を音楽という形でぶつけたいと思います」とコメントを寄せた。


 <トンボコープ プロフィール>2022年4月5日に本格始動した平均22歳の4人組バンド。8月25日に1t Digital Single「信号花火」をリリース。23年4月26日リリースの3rd Digital Single「Now is the best!!!」はSpotify週間バイラルチャート2週連続1位を獲得。同7月12日には5th Digital Single「夢の10年後」をチバテレビ「高校野球ダイジェスト」番組エンディングテーマソングとして書き下ろした。結成わずか1年でSUMMER SONIC 2023に出演。日本最大の年越しロックフェスティバル”COUNTDOWN JAPAN23/24”にも出演した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月23日のニュース