北海道栄・下山 投打で初戦突破に貢献「次の駒大苫小牧戦はもっと調子を上げて打てる」

[ 2024年6月23日 05:02 ]

南北海道・室蘭地区1回戦   北海道栄8―0苫小牧高専 ( 2024年6月22日 )

<北海道栄・苫小牧高専>9回に登板した下山
Photo By スポニチ

 北海道栄の最速147キロ右腕、4番の下山大楽(3年)が、投打で初戦突破に貢献した。

 初回に右前先制打を放つなど3安打。7回2死では、一塁からマウンドに上がり、4球で三振を奪い試合を締めた。

 「バッティングはあまり納得いっていない感じだったが、次の駒大苫小牧戦はもっと調子を上げて打てると思う」。

 昨夏は準優勝もその後は振るわず「ずっと苦しくて。もう一回、一からやろうと全員でやってきた」と必勝を誓った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月23日のニュース