大谷翔平の援護弾で8勝目のグラスノー 140m特大弾に「毎回ワオッという感じ。楽しませてくれている」

[ 2024年6月23日 14:02 ]

インターリーグ   ドジャース7―2エンゼルス ( 2024年6月22日    ロサンゼルス )

エンゼルス戦で8勝目を挙げたドジャース・グラスノー(AP)
Photo By AP

 ドジャースの大谷翔平投手(29)が22日(日本時間23日)、本拠での古巣エンゼルス戦に「1番・DH」で先発出場。第2打席で今季2度目、自己最長タイの3戦連発とする23号を放ち、自己最長を更新する日本選手最多7試合連続打点をマークした。今季8度目の完売となった注目の一戦で、12戦8発とし量産態勢に入り、44本塁打で本塁打王に輝いた昨季を上回る年間47発ペースとなった。

 大谷の4打数1安打2打点の活躍で古巣との公式戦初対決は1勝1敗と五分で、9月3日(同4日)からは昨季までプレーしたエンゼルスタジアムで2連戦を行い、凱旋(がいせん)を果たす。

 大谷の援護弾を受けたグラスノーは3回まで完全投球と完璧な立ち上がり。4回先頭は捕手スミスの打撃妨害でこの試合初めて出塁を許した。1死後ウォードに二塁打を浴びて二、三塁とされるとカルフーンの一ゴロの間に失点した。7回にはソロ本塁打を許したが、7回2安打2失点(自責1)、10奪三振の好投で今季8勝目を挙げた。

 試合後、大谷の援護弾について「毎回、ワオッという感じ。私たちをとても楽しませてくれている」と140メートルの特大弾に驚いた様子。シティーコネクトユニホームについては「思っていたよりもクール。ジャケットやシャツも、付属のものもすべてクールで着心地もよかった。最高だった」と気に入った様子だった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月23日のニュース