巨人 12球団ワーストタイの今季12度目零敗 “打撃投手・阿部監督”効果現れず、再び借金生活

[ 2024年6月23日 05:23 ]

セ・リーグ   巨人0―3ヤクルト ( 2024年6月22日    東京D )

8回、巨人・高梨(右)の交代を告げる阿部監督(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 巨人は広島と並ぶ12球団ワーストタイの今季12度目の零敗。ヤクルトには東京ドームで5戦全敗で、再び借金1となった。阿部監督は「0に抑えたら一生負けないけど、0(得点)だったら一生勝てないよね」と悔やんだ。

 試合前の早出特打では、開幕後初めて指揮官が打撃投手を務め、秋広、吉川らを相手に投げ込んだ。だが、打線は散発6安打で三塁を踏めず。好調の1番・丸が3安打と好機を演出も、11三振と打線はつながらない。「打てないのは練習するしかない。いくらでも投げてあげますのでね」としたが、歯がゆい戦いが続く。

 「借金生活入ったし、みんなピリッとしてくれると思うので、切り替えて頑張ります」。指揮官はそう絞り出した。(川島 毅洋)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月23日のニュース