中日“魔の3連戦カード2戦目”5連敗で5月18日以来の単独最下位 立浪監督「切り替えてやっていく」

[ 2024年6月23日 06:30 ]

セ・リーグ   中日1ー3広島 ( 2024年6月22日    バンテリンD )

<中・広>交代を告げにベンチから出て、頭を抱える中日・立浪監督(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日が5月18日以来の単独最下位に沈んだ。

 投打で精彩を欠き、今季ワーストタイの借金6。先発メヒアが一球に泣いた。4回先頭・野間に四球を与えるなど1死一塁で末包に決勝2ランを被弾し5回2失点で5敗目。打線も大瀬良を攻略できず7回3安打に封じられるなど零敗阻止が、やっとだった。

 4番の細川は12試合連続で打点がなく、中田は3試合続けて無安打。これで3連戦のカード2戦目は5連敗だ。

 立浪監督は「3つ(3連戦)のうち2つ勝たないと借金も減らない。切り替えてやっていく」と前を向いた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月23日のニュース