「ワァオ!!」大谷翔平の豪快23号にロバーツ監督も驚きの笑み

[ 2024年6月23日 12:14 ]

インターリーグ   ドジャース―エンゼルス ( 2024年6月22日    ロサンゼルス )

3回、23号2ランを放つドジャース・大谷(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 ドジャースの大谷翔平投手(29)が22日(日本時間23日)、本拠での古巣エンゼルス戦に「1番・DH」で先発出場。第2打席で今季2度目の3戦連発とする23号を放ち、自己最長を更新する7試合連続打点をマークした。

 3回無死一塁で迎えた第2打席。カウント2―0から右腕プリーサックの甘いスライダーを完璧に捉えると、打球速度115.5マイル(185.8キロ)、24度の角度で飛び出したボールは右翼席の459フィート(約139.9メートル)地点で弾んだ。

 豪快な140メートル弾に現地中継は、ロバーツ監督の表情を伝えた。腕を組みながら「ワァオ!!」と驚きの声を上げた指揮官は、笑みを浮かべていた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月23日のニュース