ヤンキース・ジャッジ オールスター本塁打競争には不参加を明言 メジャートップ28号も

[ 2024年6月23日 13:12 ]

28号本塁打を放ったヤンキース・ジャッジ(AP)
Photo By AP

 現在、メジャー最多の本塁打数を誇るヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手(32)が22日(日本時間23日)、今年のオールスターのホームランダービーには不参加と明言した。

 同日、本拠地で行われたブレーブス戦前にニューヨークポスト紙の取材に応じ、「やらないよ。今年は必要ない」と語ったという。2017年には優勝経験があるジャッジだが、以降は不参加。ただ、「もう出ないというわけではない」と”ダービー引退”は否定し、「ニューヨーク開催になったら出る」と述べたと同紙は伝えている。

 ジャッジは同日のブレーブス戦で28号を放ち、8-3の勝利に貢献。5月5日以降の42試合では22本塁打、6月8日以降の12試合で7本塁打という超ハイペースで量産している。62本塁打を放った2022年をほうふつとさせる打棒だが、試合後、本人は「シーズンは毎年違う。日々、チームのためにできることをやっているだけだ」と自身の功績には言葉少なだった。

(ニューヨーク・杉浦 大介通信員)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月23日のニュース